2016年08月22日

意味がわかると怖い話 鍵を失くした

意味がわかると怖い話 鍵を失くした

鍵を失くしてしまって、部屋に入れなくなってしまった。
 
アパートの大家さんにも連絡がつかない。

仕方がない。

業者さんを呼んで鍵を開けてもらった。

ついでに、ピッキング対策用の鍵につけかえてもらった。

大家さんには、事後報告しておけば問題ないだろ。

やっと部屋には入ることができた。

部屋の鍵を閉めて、ベッドに横たわるとどっと疲れが出てきた。

最近、仕事仕事で睡眠時間も少なかったしな。

俺は、いつの間にか眠ってしまった。

・・・夜中にふと目が覚めた。

俺の台所に誰かがいる。

たぶん彼女だ。

ときどき俺の部屋に来て、料理をしたり、冷蔵庫の中の食料を補充しておいてくれるのだ。

お礼を言おうと思ったのだが、その日はあまりに疲れていて、また眠ってしまった。

翌朝、テーブルには料理が置かれていた。

ホント、俺にはもったいないくらいの彼女だと思う。


解説
彼女は、どうやって入ったのか?
果たして、家の中にいたのは本物の彼女なのだろうか?
本物の彼女なら、ドアの鍵や窓を壊して入ったとしか思えない。
それが、本物ではない彼女だとすれば、用意された料理は食べても大丈夫なのだろうか?
posted by 幽霊 at 07:27 | 意味がわかると怖い話 解説付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月16日

意味がわかると怖い話 白い霧

意味がわかると怖い話 白い霧

車を運転しながら、大きくあくびをした。
 
今日は、やけに霧がすごい。

白い靄で、ほとんど前が見えない状態だ。

職場から自宅までの一本道、頑張って運転した。

疲れていたので、帰宅するとすぐにベッドに潜り込んだ。

そのまま、あっという間に夢の中へ。

気が付くと朝だった。

テレビをつけると、昨日の夜に轢き逃げがあったそうだ。

轢かれた人は即死だったようだ。

事故現場は、自宅からすぐそばだ。

「物騒だな。」独り言をつぶやきながら、会社へ行く準備を整える。

家を出て、駐車場に向かった。

そして、我が愛車を見て絶句した。

バンパーが大きく凹んでいるのだ。

夜に、イタズラされたのか?

この辺りも、治安が悪くなってきたのかもしれない。


解説
おそらく、朝のテレビでやっていた轢き逃げ犯は語り手である。
前日の白い霧というのは、出ていなかったと思われる。
居眠り運転をしていたため、目の前に霧があるように思えたのだ。
実際に、居眠り運転で轢き逃げをした人が、「白い霧で前が見えなかった」と証言することは多いそうだ。
posted by 幽霊 at 04:58 | 意味がわかると怖い話 解説付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月10日

意味がわかると怖い話 同世代の悩み

意味がわかると怖い話 同世代の悩み

飛び降り自殺を目撃した。

正確に言えば、飛び降りる瞬間は見ていない。

俺が自宅マンション近くにいると、何やら人だかりができていたのだ。

人だかりの中央には、男性らしき人が倒れていた。

血だらけだったから、もう助からないだろう。

男性の顔は見えなかったが、歳は俺と同じくらいかな?

ビックリすることに、上下とも俺と同じ服を着ていた。

俺世代は、悩みの多い年頃なのかね?


解説
「俺」は自殺し幽霊になり、自分の遺体を見ていた。
自殺直前の記憶がないらしい。
posted by 幽霊 at 04:52 | 意味がわかると怖い話 解説付き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする