意味がわかると怖い話 解説付き「お化け屋敷にて」

意味がわかると怖い話 解説付き「お化け屋敷にて」

これは、あるカップルの話。

夏休みって事で、彼氏と2人で遊園地のお化け屋敷に入った。

とにかく私は大の怖がりで、中が真っ暗なだけでもうガクブル状態。

彼の腕を肘ごと抱え込んで、目を閉じて下向きながらゆっくり歩いた。

そのとき、私の胸が彼の肘に当ってしまい「おい、胸当たってるんだけどw気持ちいいw」とか言われたけど、お化け屋敷が怖くて怒る気にもなれなかった。

彼氏は、「こんなん作りもんじゃんよw」って言うんだけど、私はもうキャーキャー叫びまくりの絶叫。

目を閉じていて、まったく何も見えないから、彼がたまに「うわっw」とか言うだけでビクビクしてしまっていた。

最後の方なんて、「もう少しだから、頑張れよーw」なんて、彼に背中をさすられながらも、私は半泣きのまま、何とか出口まで歩く。

外に出て彼の腕を放すと、くっきりと私の手形が付いてて「どんだけだよ自分w」とあまりのへたれっぷりに笑ってしまった。

解説
彼は彼女の背中をさすることができないため、背中をさすったのは彼じゃない。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする