短編の怖い話「女風呂での恐怖」

短編の怖い話「女風呂での恐怖」

短編の怖い話です。

聞いてください。

僕が、まだ4歳だったか、5歳くらいのころでした。

当時、家にはまだお風呂がなくて、よくお母さんと二人で銭湯に行きました。

まだ、小さかった僕は、お母さんと女風呂に入りました。

そんなある日のことです。

身体を洗い終わり、お風呂にも飽きてしまった僕は、湯船をプール代わりにして遊んでいました。

で、今まで気が付かなかったのですが、湯船の横から階段があって、その先にはドアがありました。(他の銭湯がどうなっているのかは知りません)

僕は、なんだかそのドアが気になってしまって、階段を上がりドアの前まで行きました。

ドアノブの下には、大きな鍵穴があります。

鍵穴からは、中が見えそうでした。

ワクワクして鍵穴を覗きます。

なんだか、ドアの向こう側は何かに覆われているようで見えません。

なーんだ。

つまらないや。

鍵穴を覗くのをやめて、顔をあげました。

で、自分でも何を思ったか、もう一度その鍵穴を覗き込みました。

あれ?

中が見える。

ぼんやりとですが、ボイラー室のようなものが見えました。

おおー、すごーい。

子供だから、機械がロボットのようにかっこよく見えて、夢中になって覗いていました。

そのとき、ドアの向こう側に気配を感じ、僕は鍵穴から身を引きました。

すると、その瞬間・・・・鍵穴からは、マイナスドライバーの先端が狂ったように

シュッ

シュッ

と飛び出してきたのです。

僕は恐怖に震えながら、その場を離れます。

あまりに怖くて、このことはお母さんにも話すことが出来ませんでした