短編の怖い話・合わせ鏡に写る異界の者

短編の怖い話・合わせ鏡に写る異界の者

鏡には、写してはならないものがあるという。

3つの条件がそろったときに、合わせ鏡を覗きこむと、異界の何かが写りこんでしまうという伝説が古くからある。

そして、これはとある人物の怖い話。

ある日のことだ。

ある時間に。。。。

ある場所で・・・・

この三つの条件がそろったときに、やってはいけないという合わせ鏡をしてみた。

合わせ鏡をすると、鏡はどこまでも続いて見える。

あれ?

何かおかしいような気がする。

その違和感はすぐにわかってしまった。

分かりたくないけれど、分かってしまったんだ。

合わせ鏡の、四番目に写っているのは、自分じゃない・・・・