短編の怖い話・違う意味の恐怖

短編の怖い話・違う意味の恐怖

これは実際に体験した怖い話です。

僕は、修学旅行に行きました。

あるホテルに泊まったのですが。

修学旅行ということで、1人1部屋はもらえず、1部屋に2人ずつ泊まりました。

ホテルの部屋は、入ってみるとなんだか嫌な感じがするんです。

嫌だなー怖いなー、と。

で、探してみると案の定、部屋にはお札が貼ってありました。

ベットの下に1枚。

「うわー、この部屋、マジでやばい部屋だ。呪われてる。」

と思った僕は、強引に友達と部屋を交換してしまいました。

僕は、別の部屋に泊まることに成功したのです。

この呪われた部屋に泊まった人間は、

元々その部屋だった人 + 僕と変わった人

の2人。

彼らは、その呪われた部屋で怖い話をしてしまったそうです。

その中の1人が、怖い話の途中でトイレに立ちました。

そいつが、トイレでおしっこをしていると、急に背中に寒気を感じたそうです。

ふと隣を見ると、そいつの肩の位置に、女の人の顔があったそうです・・・・

そいつは、もう驚いてトイレから出てきて言ったそうです。

「覗かれた!」