意味が分かると怖い話・ひき逃げ

意味が分かると怖い話・ひき逃げ

ひき逃げにあって入院していた。

命に別状はなく、無事退院することができた。

家に帰ると、やっぱり落ち着く。

家が一番だ。

俺が家に帰ると、仲の良い友人が遊びに来てくれた。

「病院に見舞いに行けなくて、ごめん。」

「いいよいいよ、気にしないで。」

「ところで、ひき逃げの犯人の顔、見た?」

「いやいや、突然のことだったからさ。何も覚えていないんだわ。」

「そうか。」

「お前も事故には、気をつけろよ。」

「俺、そろそろ帰るね。今度は、ちゃんとお見舞いに行くから。」

「ありがとう。」

解説
この友人は、何しに来たのか?
「犯人の顔見たのか?」と聞くと、すぐ帰るという。
しかも、なぜ「今度は、ちゃんとお見舞いに行くから」と言ったのか?
次もひき逃げされることが分かっているかのような発言が怖い・・・・