意味がわかると怖い話「パチンコ玉の恐怖」

意味がわかると怖い話「パチンコ玉の恐怖」

その店は、とてもやかましかった。

これじゃ仕事に集中できない。

パチプロが生業なのだ。

パチンコに集中するために、パチンコ玉を耳栓替りに左右の耳に詰める。

これなら、うるさくても大丈夫。
でも、丸いパチンコの玉は耳の奥に詰め込むと、抜けなくなってしまう。

指は無理だ。

耳かきか?

耳かきで取りだそうとしても、耳かきが入り込むスペースがない。

いろいろ試してみるも取れない。

そうか、磁石だ。

息子の持っている磁石を借りて、パチンコの玉を取り出そうとしてみるが、磁気が弱い。

所詮、子供のおもちゃだ。

そこでそのパチプロの男は、知り合いの某研究所に助けを求めた。

その研究所には、超強力な電磁石があると、以前聞いていたことを思い出したのだ。

知り合いに相談すると、

「お前、バカだな(笑)パチンコの玉耳に詰めるかよ?^^でも、大丈夫。うちの磁石にかかれば、お前の玉なんて一瞬で取れるから。そこに耳をつけてごらん。」

パチプロの男は、それを聞いて安心した。

そして、磁石の装置に、まずは右の耳をつけた。

次のタイミングで、知り合いの男がが電磁石のスイッチを入れる。

噂通り、その磁石はとんでもなく強力だった。

パチンコ玉は、瞬時に磁石に引き寄せられたのだ。

カーン

カーン

という衝突音が研究所にこだました。

解説
パチプロの男は、パチンコの玉を左右の耳に詰め込んだのだ。
でも、超強力な磁石は片側の耳にしか当てなかった。
カーン、カーンという2つの金属音。
この日が、パチプロ男の最期の日になったのは言うまでもない・・・・