意味がわかると怖い話・死のかくれんぼ

意味がわかると怖い話・死のかくれんぼ

「あと少しでご出棺だから、じっとしててくれる?!」

おじいちゃんはお葬式は、子供の僕たちには退屈だったんだ。

お葬式には、同い年くらいの親戚の子がたくさんいた。

何回か会った子もいるけれど、全然知らない子も何人かいた。

みんな、あまりに退屈でかくれんぼしようということになった。

でも、かくれんぼしていたらお母さんたちにこっぴどく怒られた。

他の子もみんな怒られてるみただった。

何でそんなに怒るのかが分からない・・・・

みんな怒られて落ち込んでいたら、バスが来たから乗った。

「うちは親戚が多いから。バスで火葬場まで行くんだよ。」

と、お母さん。

なぜか、一人だけバスに乗らないおばさんがいる。

慌てたように誰かの名前を呼びながら、走り回ってた。

そのまま、バスは出発。

お葬式っていうものは、いつもこんななのかな?

僕ら子供には、しずかにさせて、大人は大騒ぎ。

なんで、お葬式に、お巡りさんまで来るんだよ。

しかも、おまわりさんは僕らにまでいろいろ聞いてくる。

火葬した、おじいちゃんの遺骨が2人分あったとか、そんなこと僕に言われても分かるわけないじゃないか・・・

解説
火葬した遺体の2つのうち1つは、子供のものだったのでしょうね。。。。