意味がわかると怖い話・妻の殺意

意味がわかると怖い話・妻の殺意

俺は、その日も夜に仕事が終わり、家に帰った。

残業で遅くなるのはいつものことだった。

家に帰ってみると、妻がリビングで泣き崩れている。

「どうしたの?なにがあった?」

妻は涙ながらにこう言った。

「私ね、インターホンが鳴ったから、あなたが帰ってきたかと思ったの。でも、ドアを開けたら、そこには知らない男の人が立っていて・・・私に襲い掛かってきたの。だから、持っていた包丁で刺してしまったの。その人死んでしまったわ。」

死んだ男の遺体は寝室に置いてあった。

「少し、心が落ち着いたら、警察に行こう。これは、正当防衛だから、説明すれば分かってもらえるはずだよ。」

そう、妻に言い聞かせた。

うん、これはどう考えても正当防衛だ。

妻に落ち度はない。

でも、よく考えろ・・・?

なんで、妻は俺だと思って玄関開けるのに、包丁を持っていたんだ・・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする