意味がわかると笑える話・エロトーク

意味がわかると笑える話・エロトーク

私たちは、長い間見つめあっていたの。

まだ、お互いに触れ合ってもいないのに、あの人はしっとりと汗をかいている。

私は、あの人の吸い込まれるような青い目に見つめられると、ドキドキする。

自分が、今ほとんど裸でいることが、とても無防備に思えてくるの。

あの人の故郷のヨーロッパでは、男の人って皆こんなに逞しいのかな?

私が一人そんな思いをめぐらせていると、 ふいに彼がこちらに手を伸ばしてきた。

気がつくと、私はそのがっしりとした、彼の腕の中に抱きすくめられていたの。

彼は、私の耳元で激しく喘いでいる。

ハアハアハアハア

いつもの性急さで、私の体を覆う・・・

たった一枚だけ、残された布切れに手を伸ばしてくるの。

いけない。。。。

そこは駄目。

このままでは、またいつものように彼に主導権を握られてしまうわ。

私は必死で抵抗したけれど、もう手遅れだったみたい。

彼の強引さには勝てなかった。

彼は私に、腰を打ち付けてくるようにして覆いかぶさると、私を土俵の外に押し出したのだった。

 

解説
この「意味がわかると笑える話・エロトーク」は、本当のエロ話ではなくて、強豪外国人力士と戦う相撲取りの気持ちを、乙女チックに綴ったものだったのだ。
前半から中盤にかけては、もろにエロ話っぽいが、中身はちょっとオカマ気味のお相撲さんの気持ちだった。