意味が分かると怖い話・母の優しさの秘密

意味が分かると怖い話・母の優しさの秘密

一人っ子の私は、両親にとても愛されながら育ってきた。

大事にされていることがとてもよく分かる。

特に、母は私を可愛がってくれていて、私がなにか失敗をしても、小さな悪さをしてしまっても、笑って許してくれる。

親としては、少し甘いかなとは思うけれど、私は母が大好きだったし、とても感謝していた。

そんなある日。

学校から帰ってきて、テレビを観ていると自宅の電話が鳴った。

出てみると、母からだった。

「ユミちゃん?今、スーパーに買い物に来てるのよ。でね、冷蔵庫に人参があるかどうかちょっと見てくれるかしら?」

「ちょっと、待ってて。」

冷蔵庫に向かう私。

冷蔵庫を開けようとしたときに、あるものが目に入ってきた。

冷蔵庫の横に、置かれている一冊の手帳だ。

とりあえず、私は冷蔵庫をの中に人参があるかを確認して、電話で母に伝える。

そして、電話を切ると、こっそりその手帳を手に取った。

この手帳は、母の物だ。

昔から母が肌身離さず持ち歩いていて、ボロボロな状態。

中にはいったい何が書いてあるのだろう・・・

小さいころから、私が何をやっても笑って許してくれた大好きな母。

でも、知っているんだ。

私が、何か失敗したり悪さをすると、必ず母はこの手帳に何かを書き込んでいることを。

それは今でも継続されている。

ずっと気になっていた手帳。

それが今目の前にあるのだ。

ええい、気にしていても仕方ない。

中身を見ちゃえ。

ページを開くと、中にはこんなことが書かれていた。

「今日のユミは-3点・・・・残りの点数168点」

解説
母の優しさには、裏があったのだろうか?
この点数の秘密とは?
もしも、この点数が0になったとき、ユミちゃんはどうなってしまうのだろうか?
生きていれば良いのだが・・・・