意味がわかると怖い話・いじめられっ子の自殺

意味がわかると怖い話・いじめられっ子の自殺

私達が通っている中学校の1年生に、カリナとういう女の子がいました。
カリナは、いわゆるいじめられっ子で、私のグループは(私と友達4人の計5人)は、カリナが可哀想で陰では仲良くしていました。
ある日、私達6人が一緒に帰っていたときのこと。
ズー、ドン

「痛っ」

カリナが思いっきり転んでしまいました。

「あははっははは」

カリナの転び方があまりに面白くて、笑ってはいけないところなんでしょうけど、大笑いしてしまいました。

「今の面白かったの?」

今まで、友達から笑いを取ったことがなかったカリナ。
自分が、笑いを取った事が嬉しかったのかもしれません。

「すっごく、面白かったよ。ほら、立ち上がりなよ。」
「ありがとう。」

カリナのそのときの笑顔は、本当に嬉しそうに見えました。
その日を境に、カリナは私達の前で、わざと転んだり怪我をしてくれるようになりました。

「もうっ、カリナは本当にドジだなぁ。」
「えへへ。面白かった?」
「う、うんっ。。。」

それからも、転んだり怪我したりする度に「面白かった?」と聞いてきます。

そんなある日のこと・・・

カリナは、ここのところ自分が怪我をしても転でも周りの5人が笑ってくれないことに気がついたのです。
カリナにとって、私たちとの絆は、笑いをとることだと考えていたのかもしれません。

6人でいるときに、カリナは走っているトラックの前に飛び出したのです。
みんなが止める暇もなく突然のことでした。

彼女は、即死でした。

お葬式も終わり、いろいろあって私は疲れてしまっていました。

ベッドで、いつの間にか眠っていたようです。

・・・・・ふと目が覚めたとき、

誰かいる!


体を動かそうとしても、金縛りにあってしまっていました。

ペタ

ペタ
誰かの足音が近付いてきます。
私は、怖くて涙が出るばかりで何もできません。

そのとき、部屋の扉を誰かが開けました。


「大丈夫!?早くこっちに!」

友達の1人が、私を助けに来てくれたようです。

私達は走って外に出たのですが、玄関で何か液体を踏んだような気がしました。
そして、近所の公園まで二人で走りました。

でも、、、なんでこの友達はこんなに夜遅くに私の家にいるんだろう???

そして、私の金縛りを知っているんだろう???

うちには両親がいるはずなのに、なんで????

それに、さっき踏んでしまった液体って何?!
私はどんどん青ざめていきました。
そして、友達のほうを見ると。

彼女は振り返りこう言いました。

「ねぇ、面白かった?」

解説
この話の解釈は2通りできるように思える。
1つは、最後の友達がいじめっ子の主犯格で、カリナを陰でいじめていた存在。
この場合、カリナの自殺もこの友達の支持だった可能性もある。
2つ目の解釈は、カリナがこの友達に乗り移っているというもの。
どちらにしても言えることだが、おそらく主人公の両親はもうこの世にいないのだろう。
玄関で踏んだ、液体とは両親の血液だろうから。
夜中に、自分の家に友達が勝手に入れるわけがない。
つまり、鍵を開けさせで強引に家には言ってきたと考えるのが妥当だ。
うーん、どういう解釈をしても非常に怖い話だ。