意味がわかると怖い話・好きになった女

意味がわかると怖い話・好きになった女

晴れた夜で星がきれいだった。

アパートに帰ろうと階段を上っていた青年は、ふと向かいのアパートを見つめた。

向かいのアパートの1室の窓際に1人の美しい少女が立っているのが見えたのだ。

少女は、窓から空を見上げているようだった。

青年も、少女の見ている先を見てみると、そこには満天の星空。

空を覆い尽くすほどの数の星は、きらめき、またたき、それはきれいだった。

青年も、時間を忘れて夜空に見とれてしまった。

そうか、彼女もこの星の美しさに心を奪われていたのか。

青年は、彼女と心が通じ合ったような気がして、微笑んだ。

彼女は、青年に気付くことはなく、星空を見上げ続けている。

青年は、彼女と話すことはあきらめ、自分の部屋へ戻った。


次の日。

青年が帰宅すると、少女は昨日と同じように窓から空を見上げていた。

「星が好きなんだ。とてもロマンティックな子だな。」

星を見上げる少女。

青年は、彼女に心惹かれていく自分に気がついていた。

翌日。

青年は、外を見て落ち込んだ。

雨が降っているんだ。

これじゃ、今日は彼女を見ることができない。

その日は、がっくりと肩を落として帰る青年。

でも、少女は窓際にいたのだ。

いつもと同じように、雨雲に覆われた空を見上げていた。

星が見えないのに、なんで?

青年は、今日も少女に会えたことが嬉しくて、迷惑だとは思ったが向かいのアパートを尋ねてみることにした。

階段を上り、彼女の部屋の前に立つ。

ノック。

そして、静寂。

「すみませーん。」

呼びかけてみるも、またもや静寂。

ドアノブを回してみると、カギはかかっていなかった。

一瞬の躊躇。

ドアを開けるのはさすがにまずいだろう。

でも、挨拶だけなら・・・

青年は勇気を振り絞り、ドアを開けた。

その直後に、すべてを悟ってしまうことになる・・・・

解説
彼女は、星を見上げていたわけではなかったのだ。
首を吊って死んでいたのだ。
好きになった女が、自殺していただなんてとても悲しい話だ・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする