意味がわかると怖い話・いじめ

意味がわかると怖い話・いじめ

ある学校に、いじめられっ子の男子がいました。

彼は、クラスの皆から毎日のように暴言を吐かれています。

「死ね」なんていう言葉は日常茶飯事。

でも、その男子。

どんなにいじめられても、暴言を吐かれても、いつも満面の笑みで

「くちゃーに」

と言っているのです。

自分をいじめている人間の顔を嬉しそうに見て

「くちゃーに」

と言っているのです。

そんな彼です。

余計に気味悪がられ、いじめも酷くなるばかり。

その日も、いつものように彼のことをみんながいじめています。

そのたびにいじめられっ子の男子は

「くちゃーに」

と言い返しています。

意味が分かりません。

「くちゃーに」

と言って、何が解決するのだろう?

あるとき、1人の人が、この「くちゃーに」の意味がわかったと言います。

その意味がわかったその人は、怖くていじめをやめました。

解説
「くちゃーに」をゆっくり言ってみる。
くちゃーに、くちゃーに、くちゃあに、くちゃあに、くちあに、くちあに・・・・
次は「くちあに」を、漢字に変えてみると?
口と兄で。
「呪」だったのだ。
いじめっ子たちは、いじめればいじめるほど、呪われていたのだ・・・・

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする