意味がわかると怖い話 サイコパスな隣人

意味がわかると怖い話 サイコパスな隣人

隣の家庭からよく怒鳴り声が聞こえてくる。

「お母さん、お母さん!」

「うるさいなっ!!」

隣には、母親と4~5歳くらいの女の子が住んでいる。

「お母さん・・・お腹すいた。」

「さっきから、うるさい!もう、いい加減にしてよ!」

「え?お母さん?怖いよ・・・ギャー、んーんーんー・・・」

なに今の会話?

隣の声が聞こえてしまっただけなのだけれど、今の会話は不思議を通り越して恐怖さえ感じるほどだった。

さすがに心配になり、隣の家を訪ねることにした。

インターホンを押す。

ピンポーン

「・・・・はーい・・・」

中からは母親の女性と、少し奥に厚めのマスクをした女の子が泣きながら立っていた。

あ、女の子が殺されたわけではなかったのか・・・

少し安心する。

「あ、あの。今さっき、大きな音が聞こえたものですから、気になってしまって。」

「あ、それはご心配おかけしました。大丈夫ですので、お気になさらずに。」

うーん、気のせいだったのか?

でも、なんだか嫌な予感もするんだよな。

母親の女性は、手には針を糸を持っていて、手が血まみれだったのだ・・・・


解説
子供のことをあまりにうるさく感じた母親は、子供の口を針で縫ってしまったのだ。
マスクをつけていたのは、縫った口を隠すためのものだったのだ・・・・