意味がわかると怖い話 少女と公園

意味がわかると怖い話 少女と公園

ある少女が、公園で遊んでいた。

母は、それをしばらく眺めた後、先に家に帰った。

夕飯時になり、少女は家に帰ってきた。

しかし、左目を痛そうに抑えているのだ。

母は心配して、

「どうしたの?なにかあったの?」

と、尋ねるが、

「公園の砂場で、目が砂に入っちゃって取れないの助けて」

と娘は言うのだ。

解説
砂が目に入ったのではなく、目が砂に入ってしまったのだと少女は言う。
大変なことだ。
少女は、砂場に眼を落としてしまったのだ。
だから、「助けて」というのは、本当の意味で助けを求めているということだ・・・・