意味がわかると怖い話 二人の遊び

意味がわかると怖い話 二人の遊び

今日、ボクは、たかし君と公園で遊びました。

ボクたちが夢中で遊んでいると、遠くから学校のチャイムの音が聞こえてきます。

「あ。授業がが始まっちゃうね。」

と、ボクが言って笑いました。

でも、たかし君には冗談だと分かってもらえなかったようです。

ボクたちにはもう、学校のチャイムなんて、気にしなくていいのですね。

それから、また遊んでいると、今度は五時の夕焼けチャイムが鳴り響きます。

「あ、これは終業時間の知らせだ。」

と、ボクが言って笑いました。

でも、またもやたかし君にはボクの冗談は通じません。

「じゃあ、そろそろ、帰ろう。」

「いや、今日は残業の日だから、まだ帰れない・・・・」

「ああ、そうなんだ。」

その後、ボクたちは2時間ブランコを漕いで、バイバイをして家に帰りました。

その日の晩ごはんは、ボクの大好きな嫁の作ったハンバーグでした。

ほっぺたが落ちそうなくらい、とってもおいしいハンバーグでした。

解説
ボクとたかしくんは、子供ではない。
リストラされたサラリーマンなのだ。
二人の大人が、公園で時間をつぶす。
しかも、残業まで計算に入れているところが怖さすら感じる話。