意味がわかると怖い話 エレベーターの恐怖

意味がわかると怖い話 エレベーターの恐怖

俺は、8階に住んでいる。

仕事が忙しくて、帰りはいつも深夜。

その日は、雨が気持ちいいくらいに降っていた。

ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールが、今日はやけに暗い気がする。

暗い理由は、すぐに分かった。

蛍光灯の1本が切れているんだ。

まあ、これは今に始まったことじゃないけど。

このマンションは、管理人の仕事が遅いんだ。

エレベーターが1階に到着し、扉が開いてビックリした。

中に人がいたんだ。

ドアに、背を向けて立っている人が。

女だった。

赤いリボンと赤のワンピースが印象的な女。

俺は、エレベーターに乗り込むのを、一瞬だけ躊躇する。

でも、乗らないわけにもいかない。

エレベーターに乗り込むと、女に背を向けた状態で8階のボタンを押す。

見ると、ボタンはどこも押されていなかった。

しまった。。。。

自分の住んでる階を押してしまった。

階上ランプを、ただ見つめながら思う。

エレベーターって、こんなにスピードが遅かったっけ?

女は、後ろを向いたまま動く様子はない。

8階に到着し、俺はエレベーターを降りたが、女はまだ後ろを向いているようだった。

自分の部屋に到着し、少しだけ落ち着いてから、シャワーを浴びる。

シャワーから出ると、ビールを飲みほした。

続いて二本目を飲もうと、冷蔵庫を開けるとさっきのでビールは最後だった。

近くのコンビニに買いに行くか。。。

サンダルを履いて、部屋を出る。

エレベーターを呼ぶと、すぐに到着した。

ドアが開き、中を見ると女が乗っていた・・・

赤いリボンと赤のワンピースの女だ。

さっきとまったく同じ位置と格好で、こちらに背を向けて動かない。

俺は、エレベーターに乗らなかった・・・・

解説
エレベーターのボタンが押されていないのだから、この女はずっとエレベーターにいるわけだ。
その点から、3つのことが考えられるのではなかろうか?
1、女は幽霊
これが、怪談としては一番の王道だろう。
2、女は気が狂っている
ただ、なぜ動かないのかは分からない。
3、女は首を吊っている
蛍光灯が切れていて暗い場所だったから首吊りに見えずに女が立っているように見えたのかもしれない。
一番怖いのは、2ではないだろうか?