意味がわかると笑える話 妊娠の秘密

意味がわかると笑える話 妊娠の秘密

ある春先の出来事だった。

俺が仕事を終えて、帰宅すると、妻が玄関先まで出迎えてくれてこう言ったんだ。

「あなた、お帰りなさい。私ね、子供ができたの!」

「本当かっ?!」

俺は大喜び。

思わず、妻の細い体を抱きしめた。

俺たち夫婦は、長年子供ができずに苦しんでいたのだ。

感激のあまり、私は泣いてしまった。

妻も、俺の涙を見て、もらい泣き。

「お祝いをしよう。」

「ええ、もう用意してあるの。」

リビングに行くと、食卓には二人では到底食べきれないほどのご馳走が並んでいる。

最高の気分だ。

二人でご馳走に舌鼓を打つ。

食の妻も、今日はたくさん食べている。

「君が、そんなに食べるって珍しい。」

「だって、今日からは二人分のご飯を食べなくっちゃね。」

なぜか、妻の笑顔はさびしそうに見えた・・・

そして、妻のお腹は日を追うごとに大きくなっていったのだ。

解説
春先のこの日は、4月1日だったのだ。
つまり、「子供ができた」というのは奥さんのエイプリルフールの嘘。
でも、旦那さんがことのほか大喜びしてくれたものだから、奥さんは言うに言い出せずに、たくさん食べて腹を出すしかなかったのだ。
それにしても、奥さん。
いくら、エイプリルフールだとしても、言って良い嘘と悪い嘘があるぞ^^;