意味がわかると怖い話 物騒な世の中

意味がわかると怖い話 物騒な世の中

夜遅くに、会社に呼び出された。

なんでも、客からクレームが入ったのだという。

深夜の時間帯だ、バスも電車もない。

仕方ないので、自宅前までタクシーを呼んだ。

以下は、そのときの運転手と俺の会話。

運転手「昨日ね、すぐそこのレストランで刃物を持った男が暴れたは知ってます?犯人、逃げたらしいですよ。僕らタクシーもね、注意しろって言われてるんですよ。もしもね、犯人を乗せたとしても、気がつかないふりして、後から通報することになっているんですよ。」

俺「へー、怖いですね。物騒な世の中ですね・・・」

運「物騒だね。でもまあ、幽霊を乗せるよりはましってもんですよ。幽霊は、無銭乗車するし事故を誘うしで良い事なしですから。」

俺「その言い方だと、乗せたことあるんですか?」

運「もう、この仕事しているとしょっちゅうですよ。今日も、ちょうどお客さんと入れ違いで降りて行ったんですけどね。お客さん、気がつきませんでしたか?」

解説
「俺」はタクシーを自宅の前まで呼んだのだ。
それなのに、タクシーの運転手は「幽霊が、ちょうどお客さんと入れ違いで降りて行った」と話している。
ということは、幽霊は今どこにいる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする