意味がわかると怖い話 閉じ込められたエレベーター

意味がわかると怖い話 閉じ込められたエレベーター

もう何年も前のことらしい。

あるマンションのエレベーターが故障し動かなくなった。

中に閉じ込められたのは、大人の男と少女の2人。

管理側は、エレベータの故障に気がつかず2人は、閉じ込められたまま、中で5日間過ごした。

だが、6日目にもう限界に達した。

男は、無理やり脱出を試みる。

少女も助けようとした男は、少女をおんぶして脱出しようとした。

だが、人を背負っての脱出はそう甘いものではなかった。

男は少女をおぶったまま、真っ逆さまに落ちてしまったのだった。

その後、管理会社はエレベーターを直し、警察が中を調べる。

エレベーター内には、人が生活していたような痕跡があった。

エレベーターの底では、重体の男が発見され保護された。

男の横には、白骨化した少女の死体があったという。

男が少女を食べたということでもないのに、少女は白骨化していたのだ。

解説
閉じ込められたときの監視カメラ映像には、少女の姿は映っていなかったのだ。
少女が、亡くなったのは、今回の事故よりずっと以前のことなのだ。
それはつまり、男が一緒に生活していたのは、少女の・・・・