意味がわかると怖い話 白いワンピースの姉

意味がわかると怖い話 白いワンピースの姉

大学生の姉貴と一緒に見ようと、日本のホラー映画を借りてきた。

映画を見終わったときに、

「日本人はね、女の幽霊を怖がるから、邦画のホラーは女の霊が多いんだよ。」

と、ネットで読んだ知識を姉に聞かせた。

姉貴は、たいして興味無さそうだった。

数日後、俺が学校から帰ってくると、リビングの窓から白いワンピースを着た女の姿が見えた。

あれ?

姉貴帰ってるのか?

外からでは顔は見えなかったけど、うちに若い女は姉貴だけだ。

家の中に入ってみると、姉の靴は無い。

あれ?おかしいな。。。

リビングに行ってみても誰もいない。

姉貴の部屋に行ってみたが、もぬけの殻。

家中、見てみたが、家には誰もいない感じだった。

うーん、見間違いか?

俺は、納得いかないまま、自分の部屋に戻る。

学校の制服を脱いで、クローゼット開ける。

その瞬間、クローゼットの中から姉が飛び出してきた。

「ばあっ」

あまりにびっくりして、心臓止まるかと思った。

姉は勝ち誇った様に俺を見て、

「怖かった?あははははー、面白いー。」

と言って大笑い。

この前の俺の話に、触発されたんだな。

興味無さそうにしておいての不意打ちか。

「でも、何で着替えたの?」

と、俺が聞いてみても姉貴は着替えていないという。

今は白いワンピースではなく、セーターとジーンズ姿なのだ。

何度聞いても、着替えていないと言っている姉。

・・・・・・・・・・・・その姉貴は、その年に交通事故で突然この世を去ったんだ。。。。

クールだけど、いたずらをする茶目っけもある姉。

可愛い姉は、もういないんだ。

でも、姉貴は今でも俺たち家族のことを見守ってくれているんだ。

直接現れることはないけれど、たまに家の中で後姿だけ見かける。

あのときの白いワンピースを着て、いつも家の中にいてくれるんだ。

解説
姉が生きているときから見えていた、白いワンピースの女は姉ではない。
ということは、「俺」が見ている白いワンピースの女は、まったく知らない女なんだ・・・・