意味がわかると怖い話 図書館の視線

意味がわかると怖い話 図書館の視線

図書館に本を借りに出かけた。

壁際の棚にある小説コーナーに行くと、自分の好きな小説家や面白そうなタイトルの本を手に取りパラパラとページをめくってみる。

本を手に取るときに、棚の隙間から向こう側の人と一瞬目が合う。

それから、10分ほど選んだだろうか。

良さそうな本を3冊手に取って、司書さんの所へ借りに行く。

帰宅している間は、借りた本を早く読みたくてウズウズ。

ああ、やっぱりあの本も借りておけば良かったなど、嬉しい後悔なんかもした。

でも、次に借りる楽しみがあるからいいんだ。

解説
この話に一部おかしなところがある。
お分かりいただけるだろうか?
壁際の本棚・・・
棚の隙間から、向こう側の人と目が合うことは、あり得ないのだ。
もしも、あるとすれば、「違う意味での向こう側の人」しかない・・・・
この人が目が合った人って、いったい・・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする