意味がわかると考えさせられる話 薬草

意味がわかると考えさせられる話 薬草

あるところに、母親と二人で暮らしている少年がいました。

ある日のこと、母親が病気で倒れてしまいました。

病院へ運ばれ、医者からは

「持ってあと1年。」

という余命宣告を受けました。

少年は悲しかったのですが、なんとか母を助ける方法を探します。

そんなとき、ある旅人から聞いたのです。

北の山に、どんな病気や怪我をした人も救える薬草があることを。

少年は、旅人から薬草の絵を貰いました。

そして、その薬草を求めて旅に出るのです。

北の山、薬草の絵、この2つだけが頼り。

少ない情報ですが、1年以内に見つけねばなりません。

ときには、怪我をし、常に空腹との戦い。

でも、少年は旅を続けます。

そして、ついに薬草を見つけたのだです。

雪が降る季節、少年は薬草を手に入れたのです。

急いで、母のもとに帰る少年。

彼の体はもうボロボロ。

家に着いたときに、母親にはまだ命が残っていました。

少年は薬草を煎じて、母親に飲ませます。

そのまま、母親は息を引き取ったのでした。

とても穏やかな顔で、眠っている様にみえました。

解説
この母親は、治したのではなく、苦しみから救われたのだ。
1年間病に苦しんだ母親を治したかった少年は、命を復活させることではなく苦しみから救うことは出来た。
よく考えると、とても考えさせられるような哲学的なお話。