意味がわかると不快な話 お姉さんの謎

意味がわかると不快な話 お姉さんの謎

中学三年のときのこと。

転校生がうちのクラスにやって来た。

Aという名の男子だった。

クラスは同じで、席は俺の隣。

すぐに仲良くなれた。

お互いの家族の話していたときに、Aには死に別れた姉がいたことを打ち明けてくれた。

神経系の難病で、意識はあるんだけど身体は動かなくなっていって、最期の数年間は寝たきりで、動けなかったらしい。

とても重い話を初対面で打ち明けてくれた。

心を許してくれた証拠だろうから、良い友達になれそうだと思った。

その日の放課後に、Aの家に遊びに行くことになった。

Aの家は新築で、よくある小さな建売住宅だった。

両親とも共働きで、昼間家にはずっとAが1人なんだという。

しばらくAの部屋でゲームをして遊ぶ。

でもすぐに飽きてしまって、Aな前の学校の話を聞いていた。

そんな話から、俺は何の気なしに

「そういえば、Aの死んだお姉さんのことなんだけど。」

という言葉を言うと、Aの顔色が変わった。

「もう、その話はいいだろ!」

怒っているようだった。

やっぱ、深追いしちゃまずいことなのだろうか。

その日は、気まずくなってしまって、俺は帰ることにした。

次の日から、また何事もなくAとは仲良く友達として接することが出来た。

ただ、一週間経ったある日のこと。

Aが、急に学校を休んだんだ。

先生によれば、前の晩、寝たきりだったAのお姉さんが自宅のベッドで亡くなったのだという。

解説
Aは、寝たきりのお姉さんのことを友達に隠したかったのか、「死別した」と話してしまった。
でも、実際は生きていたのだ。
そうとは知らずに、「俺」はAの家で「死んだお姉さんのこと」を口にしてしまった。
おそらくそれが、お姉さんに聞こえてしまっていたのだろう。
お姉さんからすれば、辛いことだったと思う。
寝たきりの自分のことを、弟は友達に「死別した」と伝えていたのだから。
それを苦にし、自殺してしまったのかもしれない。
この話が、ちょっと不快に感じるのは管理人だけだろうか?