ある意味怖い話 長い苦しみ

ある意味怖い話 長い苦しみ

この山の崖は、とても景色が良い。
そして、ちょっとした名所でもあるのだ。
展望台は、風も気持ちがいい。
絶景を眺めながら、自分の家は方角的にはあっちかな、と考えながらその方向に向かうと、一人の男が後ろにいることに気がついた。
「あ、お先にどうぞ。」
「あ、ありがとうございます。それでは。」
男は、そのまま崖から身を投げた。
ああ、譲らなければ良かった。
俺は、全身に痛みを感じて後悔している。
そこは、自殺の名所として有名なのだ。
だから、俺もここに来た。
後ろにいた男も同じ目的だろうと、すぐに分かった。
最後の最後で人に親切にしておこうと思ったのが間違いだった。
先に飛び降りた男の死体が、クッションになってしまったのだ。
身体中が痛む。
多量の出血。
でも、意識を失うのには時間がかかりそうだ。
俺は助かることはないだろう。
だが、死ぬまでにかなり時間もかかると思う。
あと何時間、この地獄の苦しみを味わわねばならないのだろうか。
下敷きになって死んでいる男を見つめて、死ぬほど後悔をする。