意味が分かると笑える話 呪いの藁人形

意味が分かると笑える話 呪いの藁人形

会社に、大嫌いな上司がいるんだ。

気持ち悪いデブ、牛乳瓶の底のようなメガネ、隠そうとしているが薄い髪の毛。

デブでハゲで眼鏡の、トリプルでキモイ。

この上司のことを、彼女は嫌悪していた。ある日のことだ。

彼女は、「あ、白髪が生えてますよ。」と嘘をつき、その上司の髪の毛を一本抜いた。

これには理由があった。

髪の毛を、藁人形に入れて丑の刻参りをしたのだ。

しかし、いくら経っても上司はピンピンしている。

なぜ呪いが効かないのか不思議だった。

その後、藁人形に入た髪は、何年経っても劣化することはなかった。

解説
なぜ、上司には呪いが通じなかったのかお分かりだろうか?
藁人形の呪いは、本人の髪を使わなければならない。
上司は、カツラだったのだ。
だから、髪の毛は劣化しなかったわけ。