意味がわかると怖い話 悪意

意味がわかると怖い話 悪意

そろそろ引っ越そうか。

子供も出来たことだし、アパートも狭く感じるようになった。

築3年で庭付きで駅近の一軒家、これで信じられないくらいの格安物件だから飛びついた。

友達には「事故物件じゃないの?」なんて言われる。

でも、ご近所さんも良い人そうだし、昨今珍しくおすそ分けなんかもしてくれる。

妻は、「たまに、こげてる失敗作もあるのよ」なんて言って笑っている。

良い家を買ったものだ。

だが、1ヶ月経つころに、妻の体調が悪くなった。

さらに、「誰かの視線を感じる。」と言って怯えるのだ。

ここは、いわくつき物件だったのだろうか?

隣りのおばさんに、それとなくその件を聞いてみると、「ああ、この家が建つ前はね。うちの畑だったのよ。うちの主人が亡くなって、手放しちゃったんだけどね。」おばさんは少し寂しそうだったように見えた。

そういえば、おばさんの家族が出入りしている様子はない。

もしかすると、寂しいのかもしれないな。

だから、うちの世話を焼いてくれているのかもしれない。

次の祝日、まだ具合の悪い妻を寝かせて、俺は子供と遊んでいた。

うちの庭には、砂場があるのだ。

以前の住人も、小さなお子さんがいたのかもしれない。

うちの子も砂遊びが大好きだ。

しばらく、そこで砂遊びをしていると、砂の中から真新しい物と思われるクマのぬいぐるみが出てきた。

誰がこんなものを埋めたんだ?

手に取ろうとした瞬間、俺は指先に違和感を感じて、手を引っ込める。

ぬいぐるみの胴体裏側が赤い糸で縫い直されていて、中には無数の針が埋め込まれていたのだ。

もしもこれを、子供が握ってしまっていたら・・・・背筋が凍る思いで、警察に通報した。

必死に説明したが、あまり真剣に扱ってもらえそうにない。

「最近ね、この手のイタズラはあるんですよ。」

騒ぎを聞きつけたのか、隣りのおばさんが顔を出した。

「どうしたの?」

「ああ、気味悪い人形が庭に埋まっていまして。かなり、悪意を感じたんです。」

「怖いわね。それでお子さんは?」

「え?」

「指先に、怪我しなかった?」

俺は、すぐに引っ越すことを決める。

解説
隣のおばさんには、「悪意の感じる人形」としか言っていないのに、なぜ指に怪我するかもしれないということが分かったんだ・・・・?