意味がわかると怖い話 井戸殺人事件

意味がわかると怖い話 井戸殺人事件

ある日のことだ。

泣き声がうるさかったので妹を殺してしまった。

妹の死体は、家のそばにある井戸に投げ捨てた。

次の日になって井戸を見てみると、死体はなぜか忽然と消えていた。

それから5年後のことだ。

ちょっとした口喧嘩で、友達を殺してしまった。

友達の死体は、前回と同じ井戸に投げ捨てておいた。

次の日になって様子を見に行くと、またもや死体は忽然と消えていた。

さらに10年後のこと。

酔った勢いで寝た女が妊娠した。

面倒は嫌なので、その女を殺した。

女の死体は、例の井戸に投げ捨てておいた。

次の日、いつものように見てみると、やはり死体は消えていた。

15年後のこと。

気に食わない上司を殺してやった。

上司の死体はいつもの井戸に投げ捨てた。

次の日、見てみると当然のように死体は消えていた。

20年後。

母親の介護にうんざりしたした俺は、邪魔な母を殺した。

母の死体は、井戸に投げ捨てた。

次の日、井戸に行ってみると、死体は消えていなかった。

解説
母親を殺してしまった途端に、死体が消えなくなったということは、今までは母親がしたを隠していたということになる。
相当歪んでいるし完全に犯罪行為だが、母親の愛を感じる話である。