意味がわかると怖い話 スラム街

意味がわかると怖い話 スラム街

あるアメリカ人男性が、東南アジアのある国を訪れた。

男は知人の家に行こうと、トラックを借りて、現地の人間を運転手として雇った。

男は、たくさんのお土産と一緒に荷台に乗る。

荷台からの景色はとても良いものだ。

途中、トラックはスラム街を通った。

スラム街には、多くのストレートチルドレンたちが暮らしているのだ。

食べるものがないからみんな痩せている、服もボロボロの状態だった。

男は、子供たちに同情し、お土産の中から、チョコレートを取り出し、走りながら路上にチョコを「ばらまいた。

ストレートチルドレンたちはチョコを拾って食べている。

その様子を見て、男は満足した。

それから3ヶ月経ったころ、男はまた同じ国を訪れた。

前回と同じようにトラックを借りて、現地人を運転手に雇い、自分は荷台に乗った。

今回も道の途中で、スラム街を通りかかった。

でも、今回はお土産を持っていなかったのだ。

前回のことがあったため、ストレートチルドレンたちは男に感謝しているのではないかと、考えていた。

でも、現実は違ったのだ。

ストレートチルドレンたちは、男の乗っていたトラックの荷台に乗り込み、男のリュックを奪って逃げて行った

その中には、財布やパスポートなどが入っていたのに。

男は憤慨した。

恩を仇で返されるとはまさにこのことではなかろうか?

道徳もマナーも学んでいないというのは、愚かなことだ。

怒りがこみ上げずに入られなかった。

それから、半年が過ぎ去った。

男はまた、同じ国に来ていた。

また、トラックを借り、運転手を雇う。

今回は、荷台にたくさんのお土産を乗せている。

男は、運転手にスラム街へ向かうように指示した。

期待と興奮。

スラム街に到着すると、男は大きな声でその国の挨拶の言葉を叫んだ。

ストレートチルドレンは、男のトラックの周りに集まってくる。

男は、今回のために用意した荷台のダンボールを開けると、中身を路上にばらまいた。

今回は、大量の消しゴムとクレヨン、液体のりをばら撒いた。

男は半年間、ずっと考えていたのだ。

子供たちに何をあげるかを。

トラックは走り去り、消しゴムやクレヨン、液体のりを拾う子供たちを見て、男は大満足だった。

心には爽快感が溢れていたのであった。

解説
男のプレゼント「消しゴム、クレヨン、液体のり」は、善意からではない。
これは、悪意の塊なのだ。
消しゴム、クレヨン、液体のりを見たことがないストリートチルドレンは、きっとこれらを食べてしまうことだろう。
男は、半年もの間、陰湿な復讐劇を考えていたのだ・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする