意味がわかると怖い話 山道の飛び出し

意味がわかると怖い話 山道の飛び出し

月明かりも、街路灯も、民家の灯りも、まったく無い暗闇に包まれた山道。

車を大急ぎで飛ばして、家路へと急いでいた。

突然、前方に人が飛び出してきた!

あわてて、急ブレーキを踏んで、間一髪で衝突を避けることができた。

俺の車も相手の体も無事のようだった。

でも、なぜだかこちらを凄まじい形相でにらみつけ、なにか言っているようだった。

俺は少し、怖くなってしまい、アクセルを強く踏み込んで逃げた。

ルームミラーで、確認してみるとまだこっちを睨んでいる。

逆恨みもいいとこだ。

飛び出しきたのは、そっちだろうが!

解説
月明かりも街路灯も民家の灯りもまったく無い暗闇の山道で、ルームミラーでなぜ相手の顔が確認できたのであろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする