意味がわかると怖い話 廃寺

意味がわかると怖い話 廃寺

幽霊の怖さじゃないんだけど、数年前の夏のこと。

先輩と4人集まって、心霊スポットに行くことになった。

そのとき行った心霊スポットというのは、一軒家なんだけど、昔一家惨殺のじけんがあったという話。

地元では、それなりに有名らしくて、怖い雰囲気を盛り上げるために出発したのは午前0時ころ。

心霊スポットの家までは、一本道。

一本道の途中、廃寺を通って行くんだけど、廃寺を通るためにはフェンスを乗り越えなければならないんだ。

で、廃寺のフェンスを乗り越えようとしたときに、

「こらー、お前ら何やってる!?この先は、危険だから入ったら駄目だ!」

と、そのこの住職に怒られた。

結局、心霊スポットにはたどり着けずに帰ってきたんだ。

いつも偉そうにしていた先輩たちも。住職の剣幕にかなりびびってたみたい。

解説
廃寺に、住職がいる・・・・?
その人は生きているのか?
仮に生きていたとしても、そんな場所で何をしているのか非常に怖い・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする