意味がわかると怖い話 ジェラシー

意味がわかると怖い話 ジェラシー

長年付き合った彼女と、結婚することになった。

彼女は、とても嫉妬心が強い子。

俺が、他の女の子と話をするだけで、もう不機嫌。

でも、彼女本人は誠実で浮気をしないし、俺だけを見てくれている。

そんな彼女が好きで、俺は結婚を決めた。

無事に挙式を終え、ローンを組んで一戸建てを買った。

これからが、二人の新婚生活の始まりだ。

毎朝、妻が玄関から見送ってくれる。

夜家に帰れば、料理を作って待っていてくれる。

平凡だけれど、これが俺にとっての幸せだった。

数年後・・・

妻のお腹に新しい命が。

医者の話では、子供は女の子。

もちろん、俺は大喜び。

妻も、嬉しそうに自分のお腹を撫でている。

しばらくすると、お腹も膨らんできて、俺は妻のお腹に耳を当てて、生まれてくる我が娘のことが常に気になっていた。

俺は、妻と一緒にいる時間ずっと我が子を思った。

そんなある日のこと。

病院から、俺の職場に1本の電話が。

・・・妻が流産したというのだ。。。。

俺は、タクシーで急いで病院に向かう。

病院に着いてみると、流産は事実だった。

すぐに妻のところへ向かう俺。

妻は疲労の蓄積した、そして悲しみをかくしたような、なんとも言えない表情で窓の外を眺めていた。

「・・・残念だったな。。。」

俺が声をかけると、

「うん・・・・そうだね。。。」

と妻。

次にこう続けた。

「でも、また子供作る。死んでしまったあの子の分も、長く生きてくれる、元気な男の子を。」

解説
「俺」がお腹の中の子供に夢中になってしまい、妻は嫉妬したのだ。
お腹の中の子は、女の子だから・・・
ということは、流産も故意ということに。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする