意味がわかると怖い話 絶叫

意味がわかると怖い話 絶叫

ああもう、気が滅入ってくる。

このあたりは、急な坂道が多いのよね。

この急な傾斜の坂を、次女を乗せたベビーカーを押して、さらに長女背負って登らなきゃいけない。

ホント、気が滅入る。

しかも。。。また、次女がぐずりだしたわ。

はあ。。。

アカネは、もうお姉ちゃんなんだからさ。

そのオモチャは、妹のアオイに貸してあげなさい。

アカネ、言うこと聞いて。

おもちゃ渡してあげて。

離しなさい。

この子ったら、独占欲の強い子ね。

痛いよ、痛いよ。

なに??

急に髪の毛引っ張りだして。

そんなことするなら、おもちゃ無理矢理取り上げるわよ!

痛いってば!

やめなさい!

あまりに、強い力で髪を引っ張られて、痛みから逃れるために両手で、長女のアカネの手を振りほどいた。

その瞬間、次女のアオイの鳴き声がどんどん遠ざかっていった・・・・

解説
坂道から、次女を乗せたベビーカーが転げ落ちていったのだった・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする