意味がわかると怖い話 主犯格

意味がわかると怖い話 主犯格

私は、中学生時代に酷いいじめにあっていた。

でも、いじめが原因でトラウマになるようなことはなかった。

それもこれも、真由美ちゃんという女子のおかげなんだ。

真由美ちゃんは、とても可愛くて頭が良い。

その上スポーツも得意で、クラスの人気者だった。

私がクラスの全員に無視されていても、真由美ちゃんだけは優しく話しかけてくれるんだ。

友達もの大勢いる真由美ちゃんは、私と常に一緒にいてくれるようなことはなかったけれど、他の子に囲まれて楽しそうに話している最中にも私の方を見て、優しく微笑んでくれたりもした。

でもある日のこと。

真由美ちゃんが。。。

転校してしまうことを知った。

私が登校拒否にならなかったのも、真由美ちゃんがいてくれたからなのに。

辛いことが多くても、頑張れたのは真由美ちゃんのおかげなのに。

彼女がいないこれからが、どうなってしまうのかとても不安だった。

でも、真由美ちゃんが転校していなくなってから、クラスのみんなとはすぐに仲良くなれた。

私にはわかるんだ。

人気者の真由美ちゃんは、転校する前に、

「イジメなんて、ばかげたことはやめなさい」

と、みんなに言ってくれたんだと思う。

大人になった今でも、真由美ちゃんにはすごく感謝しているんだ。

解説
真由美ちゃんがいなくなった途端に、いじめがなくなったのだから、主犯格は真由美ちゃんだったのだろう。
もしも、みんなから本気で嫌われていたのなら
「いじめはやめよう」
という言葉で、無くなるわけがないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする