意味がわかると怖い話 捜査本部

意味がわかると怖い話 捜査本部

捜査本部にて。

俺は昨日、貧乏暮らしから解放されて有頂天のご機嫌だったのに、部下が憂鬱な事件の話をぶり返してきた。

「警部。例の焼死事件、あれは不幸な事故ということでよろしいのですか?」

「例の焼死だ?どの事件のことだよ。事件なんてたくさんあるんだ。ちょっと説明してみろよ。」

「先日起きた焼死事件です。公園のベンチに座っていた金融会社の若社長が焼死した事件です。」

あれは、あまりにも不幸な偶然が重なった事故だったのだ。

犠牲者の金融会社社長の男性は、テレクラで知り合った女子大生との待ち合わせをしていた。

待ち合わせ場所の、公園前に向かったのだ。

公園前に行く途中で、アイスクリームを手に持っていた女子高生とぶつかり、着ていた服が汚れてしまった。

彼はそばにあった洋服店に入り、店員の薦める綿のTシャツを購入する。

そのTシャツを着た彼は、公園前のベンチに座った。

ベンチの下の地面は真っ黒だった。

前日に、ベンチのすぐ後ろにある公園のゴミ箱にある書道家が大量の墨汁を捨てて行ったのだった。

その墨汁が、ベンチの下までこぼれてしまっていたのだ。

それはなぜか?

今朝、公園でキャッチボールをしていた青年が墨汁の瓶を倒してしまったためだった。

彼がベンチに座っていると、ゴミ捨て場には近所に住む主婦がサラダ油の瓶を捨てにやってきた。

その後、不良が通りかかり、ゴミ箱を蹴り飛ばした。

サラダ油のビンから油がこぼれだし、それは地面を伝わりベンチにも染み込んだ。

最後に、学生の男が、水の入ったペットボトルを持ってそこにやってきた。

彼は、猫よけのためにそこに水の入ったペットボトルを置いたのだ。

よく晴れた日だった。

太陽の光は強く、水の入ったペットボトルで光は屈折。

墨汁が渇いた後の、真黒い地面に光は集中した。

そのまま、サラダ油に引火して、辺り一帯は火の海へと化した。

ベンチに座っていた金融会社の社長の体にも引火した。

彼は、燃えやすい綿のTシャツを着ていたのだった。

「不幸な偶然が重なった、悲惨な事件だった。」

「警部。そういえば、そのときに待ち合わせていた女子大生、洋服店の店員、アイスクリームを手に持っていた女子高生、墨汁を捨てた書道家、キャッチボールの青年達、サラダ油の主婦、ゴミ箱を倒したチンピラ、ペットボトルの学生の9人ですが、全員が被害者の金融会社から借金をしていたということがわかっています。すいぶん、苛酷な取立てもあったそうですよ。」

「わお、それはすごい偶然の連続だね。世の中には、ビックリな事故があるもんだ。この事故に、おかしなところはないよ。これ以上、調べる必要はないね。」

解説
この事件には、1人1人の役割分担がなされている。
警部の役割は、事件が事件化することを防ぎ、事故として処理することだったのだろう。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする