意味がわかると怖い話 暗闇

意味がわかると怖い話 暗闇

目覚ましの音で、目が覚める。

だがしかし、外はまだ暗いようだ。

毎日、朝7時に目覚ましのセットをして起きているのだが、今日はセットの時間を間違えたか?

学生時代は、早起きしてもぜんぜん辛くなかったのに、この歳になるとさすがにきつい。

何時だ今は?と、時計を見ようとしているのだけれど、真っ暗なので時間がわからない。

いくらなんでも、これは暗過ぎじゃなかろうか、と思いながらも起き上がって電気を点けてみた。

なんだ?俺はアイマスクしていたんだっけか?

いつもは、暗いのが怖くて、電気は点けっぱなしで寝ているのに。

解説
この文章を縦に読むと、「めだまがないない」になる。
目玉がないない・・・
「俺」は、寝ている間に失明してしまったのだろう。
だから、起きてもずっと世界は暗いままなのだ。