意味がわかると怖い話 自殺か他殺か?

意味がわかると怖い話 自殺か他殺か?

その男は書斎で、遺体で見つかった。

頭を銃で撃ち抜かれており、机に突っ伏した姿勢で、男の手には銃が握られている。

遺体の目の前にある机の上には、テープレコーダーが。

発見した刑事が再生ボタンを押してみると、

「私は、もう生きていけない・・・私には、生きる理由が何もない・・・」

という本人の声と思われるメッセージが聞こえ、続けざまに銃声が鳴り響く音も入っていた。

刑事は、このテープレコーダーを聞いて、今回の事件は自殺ではなく他殺であることを確信した。

そう、これは殺人なのだ。

解説
もしもこれが自殺で、テープレコーダーに録音された銃声で死んだのであれば、テープを巻き戻せるわけがないのだ。
刑事は、再生ボタンを押しただけなのだから。