意味がわかると怖い話 誕生日パーティー

意味がわかると怖い話 誕生日パーティー

付き合ってちょうど二年を迎えた一組のカップルがいました。

彼女の誕生日の夜に、2人で誕生日パーティーをする約束でした。

誕生日当日。

彼女には1本の電話が。

出てみると、彼氏からでした。

「ごめん、大事な取引を失敗してしまった。今日は、そっちに行けそうにない・・・」

女は腹を立て、文句も言わずに、そのまま電話を投げつけました。

そして、やけになって2人で食べるために用意した料理を1人で食べていたのですが。

突然、部屋の電気がパッと消えてしまいました。

女が驚いていると、誰かに肩を掴まれました。

「おい、静かにしろ。」

女は恐怖のあまりに声も出ず、ただ咄嗟に身を守ろうと、手に握っていたフォークを声のする方に、一気に押し付けました。

フォークが、何かに突き刺さるような感覚があり、その直後、床に誰かが倒れる音がしました。

彼女は、怖かったのでそのまま自室に駆け込み、鍵をかけすぐに警察へ通報。

すぐに、警察が部屋に踏み込んでくると、彼女は安心して部屋から出てきます。

警察はしばらく現場を調べ、彼女のもとにくると言いました。

「犯人は、死んでいます。喉にフォークが刺さっていました。。。。」

彼女は泣き崩れました。

警察は、「あなたのしたことは正当防衛です。」と慰めます。

そして、こう聞いてきました。

「強盗が盗もうとしたのは、婚約指輪ですか?」

解説
強盗は彼氏だったのだ。
彼氏は、「誕生日パーティーに行けなくなった」と嘘をつき、その日に彼女へプロポーズする予定だったのだろう。
電気を消して、「静かにしろ」と怖がらせるのはサプライズの演出だったのだ。
なんだか悲しい話だ。