意味がわかると怖い話 ダイイングメッセージ

意味がわかると怖い話 ダイイングメッセージ

後ろから、ナイフで刺された。

よりによって、自分の妻に刺されるなんて。

この出血量、、、俺は確実に死ぬなー。

よし、自分の血でダイイングメッセージを残しておこう。

いや、犯人の名前書くより、もっと重要なことってあるのでは?

例えばさ、俺が死んだ後の財産とかさ。

俺の財産、妻にだけは渡したくない。

俺を殺した女に金まで取られたくないわ。

よし、愛人の田中花子に遺産が全ていくように書き残そう。

遺言状を書く時間は、俺には残されていなさそうだ。

この、フローリングに俺の血で遺産のことを書いておこう。

血文字で「田中花子」と書く。

・・・・あれ、意識が遠ざかってきた。

もう、指先に力が入らない。

限界だ・・・・

ああああ、さ・・・よな・・ら・・・

解説
警察はおそらく愛人の「田中花子」を逮捕してしまうだろう。
見た人は、遺言状だとは思わずに、ダイイングメッセージだと思ってしまうだろうから。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする