意味がわかると怖い話 大富豪と少女

意味がわかると怖い話 大富豪と少女

あるところに、大富豪がいた。

その大富豪は、日常的に孤児院を訪れてはプレゼントを贈り、子供達を見て幸せを感じていたという。

あるとき、大富豪は孤児院の1人の少女にプレゼントを渡すことにした。

少女に最初に渡したのは、女の子らしい可愛らしい腕時計。

でも、少女は喜ばなかった。

大富豪が次に渡したのは、綺麗なスカート。

でも、少女は喜ばなかった。

3つ目のプレゼントは、世界たった一つだけの壊れない特注ネックレス。

これには、少女は大喜び。

大富豪は、不満げな顔になり帰っていったという。

解説
孤児院で暮らすこの少女には、手と足がなかったのだ。
大富豪は、プレゼントを渡しがっかりする子供の顔を見て喜んでいたのだった。
だから、ネックレスをもらって喜んだ少女を見て不満を感じたのである。
とても歪んだ精神の持ち主だ・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする