意味がわかると怖い話 雪山の怪談

意味がわかると怖い話 雪山の怪談

冬の雪山で、遭難したグループがいた。

そのグループは吹雪く雪山から、2週間ぶりに保護されたのだった。

大学生サークルの5人グループ。

登山したのはいいものの、天候の悪化により遭難してしまった。

だが、少し変なのだ。

地元レスキュー隊によって保護されたのは4人だけ。

残りの1人について、警察やレスキュー隊が事情聴取をすると。

4人中3人は一貫して

「1人は、途中からいなくなってしまった。」

と供述。

だが、最後の1人は雪山の恐怖のせいか精神不安定のようで

「ベタベタベタベタ・・・・」

と意味不明なことを連呼しているというのだ。

発見されていない、もう1人の遭難者の捜索を全力で行わなければならない。

解説
「ベタベタベタベタ・・・」というのは、「食べた、食べた、食べた・・・・」ということなのだ。
つまり、雪山で2週間生きていたのは、4人で1人を食べていたということになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする