意味がわかると怖い話 転んだお父さん

意味がわかると怖い話 転んだお父さん

ドスーン!!!

2階から、派手な物音が聞こえてくる。

今のなんの音!?

現在2階には、お父さんだけしかいはず。

そういえば、お父さんは最近ずっと調子悪そうだった。

嫌な予感。。。。

お父さん、病気で倒れたとかじゃないよね??

急いで2階に向かった。

階段を上がり扉を開ける。

「お父さん、大丈夫!?」

「ああ、ミキ!驚かせちゃったかな?ごめんごめん。お父さん、椅子から落落ちてしまったよ、ハハ」

ジャージ姿のお父さんは、床に尻餅をついていた。

側には、なぜかネクタイが。

「もーー、びっくりしたよー。腰打たなかった?大丈夫なの?」

「ハハハ、ごめんね。大丈夫だよ。もう、ミキには恥ずかしいところ見られちゃったな!」

「ふふふ(笑)本当!もう、気をつけてね。」

お父さん、怪我してないようで良かった。

一安心だ。

でも、尻餅をついて恥ずかしそうにしてるお父さんの姿、、、面白かったな。

お母さんが帰って来たら、さっきのお父さんのこと報告しよ!きっと爆笑爆笑間違いない気がする!

解説
お母さんが帰ってくるころには、お父さんはこの世にいないかもしれない。
お父さんは、ネクタイで首を吊ろうとしていたのだった。
首吊りに失敗して、転んでしまったわけだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする