意味が分かると怖い話 藁人形

意味が分かると怖い話 藁人形

まさか、本当に効果あるだなんて。

呪いの藁人形は実際に存在したんだ。

呪いたい相手の名前と、本人の持ち物の一部があれば準備万端。

やり方はとても簡単。

人のこと見下した態度でムカついてた、あの女。

人形の足を、ポキっとしたら、女の足も本当に骨折した。

クラス中の奴ら、俺のことをキモっとか言ってメールを回してたな。

クラス中の女たちが、俺のことをバカにしているに違いない。

人形はたくさんある。

思い知らせてやらなければ。

順番に、痛い目に合わせるんだ。

毎日クラスの誰かが怪我していく。

今や、クラス中が怪我人だらけだ。けっけっけけ

でも、参った。

呪いは自分にも返ってきた。

俺が宿直の日に、職員室が全焼してしまったんだ。

個人的な持ち物を全部職員室に置きっぱだったから、俺の物が通帳なんかも含めて全部燃えちまった。

解説
名前と持ち物と人形があれば、呪いは成立する。
つまり、この「俺」はこの後焼死することになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする