意味がわかると怖い話 精神異常の学校の先生

意味がわかると怖い話 精神異常の学校の先生

ある女の子の話。

その女の子は、地下の図書室で、お目当ての本を夢中になって探してた。

女の子は夢中で本を探していたために、先生が戸締まりをして帰ってしまったことにも気が付かなかった。

不運なことに、その日は終業式だったんだ。

明日からは、夏休みで学校には誰も来なくなる。

鍵は内側からは開けられない。

つまり、女の子はこの先ずっと外には出られない。

でも、彼女はその状況に耐えることができた。

周りには、大好きな本がたくさんあるから。

毎日、日記を書いて過ごした。

やっと夏休みが終わり、先生が地下の図書室に行ってみるとそこには女の子の遺体があった。

死んでしまっていたのだ。

彼女の書いた日記には、

「私はつらくないよ。周りには本があるから。でも、一つだけ怖かったことがあるんだ。鍵穴から、毎日こちらを覗いている目が恐かった・・・・」

解説
毎日少女を覗いていたのは、先生だろう。
この先生が鍵を閉めてしまったのは事故ではなくて、故意によるもの。
この人は、きっと変態の危ない人間だったのではないだろうか・・・

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする