意味がわかると怖い話 謎の妊婦

意味がわかると怖い話 謎の妊婦

昼食を食べ終わった。

良い天気だから、散歩にでも行こうか。

歩き始めると、10メートル先に妊婦らしき女性がしゃがみこんでいるのが見えた。

走って近づき、

「大丈夫ですか?」

と声をかける。

返事はない。

「どうしました?」

やはり、返事がない。

これはまずい状況なのだろうか。

「今、救急車を呼びますね!」

携帯を取り出し、通話ボタンを押す。

そのとき、初めて妊婦が口を開いた。

「あのー、すいません・・・・この辺りに交番はありますか?」

なぜこの状況で交番なのだろうか?

病院の間違いではなかろうかと、疑問を感じながらも交番の場所を教えた

すると、

「そうですか。ありがとうございます。」

と妊婦は急に立ち上がった。

そして、

「それでは、またどこかで。」

と言い残し立ち去ってしまった。

一体、なんだったのだろうか?

手持無沙汰になり、携帯を開いてみた。

次の瞬間、さっきの妊婦の言葉の意味を理解した僕は、すぐさま家へと逃げ帰った。

今思い出してみても、背筋が凍りつき身の毛がよだつ。

もしあのとき、声をかけなければどうなっていたのだろうか・・・・

解説
かがんでいたのは、妊婦ではなく通り魔だったようだ。
妊婦のふりをして油断させたのだろう。
「交番がそばにあること」を伝えたため、殺されなかったと解釈できる。
携帯を見て恐怖したのは、おそらく「妊婦のふりをした通り魔現る」といった風なニューステロップが流れたのを見たからではないだろうか。
最後の「それでは、またどこかで。」という言葉が、「顔を見たお前は殺す」という風にも解釈できて気味が悪い。
ただし、「なぜ、通り魔が交番の位置を事前に確認していなかったのか?」や「なぜ話しかけられた時点で襲わないのか?」などの疑問も残ってしまうように感じる話。