頭を抱えて考えてしまう話 妊娠中絶の惨さ

頭を抱えて考えてしまう話 妊娠中絶の惨さ

あなたは今、とっても未熟なヒヨコです。

完成されていない未完のヒヨコなのです。

まだ、卵の殻を破って外に出ることはできません。

中でひっそりと成長している段階です。

ここでしばらく力を蓄えて、いつの日か殻を破って外に出られるくらいにまで成長するのです。

あなたは、完全なヒヨコになるために必死で頑張っているのです。

でも、そんなあなたの卵の頭上に、得体の知れないナニカがやってきました。

グシャッ

鈍い音と共に、あなたの卵は、無残にも踏み潰されてしまったのです。

そう、あなた自身が踏み潰されてバラバラになってしまいました。

あなたは・・・・死んだのです。

この世に誕生して間もなく亡くなることになったわけです。

とてもあっけない命の灯でした。

さようなら、あなた。

これが、堕胎ですよ。

人工的な妊娠中絶です・・・・