意味がわかると怖い話 戻らぬお母さんの真相

意味がわかると怖い話 戻らぬお母さんの真相

私は今、一人でお風呂に入っているの。

さっきまでは、お母さんも家にいたんだけど、今は出かけている。

私がね、「シャンプーない」って伝えたらすぐに買いに行ってくるって出かけてくれたの。

優しいお母さん。

でもね、出かけて行ってからもうすでに一時間も経ってるのに、まだ帰って来ないんだよ。

遅いなー。

スーパーはすぐ近くなのにどうしたんだろ。

ピンポーン

玄関のベルが鳴った。

あっ、お母さんかな?

急いで、私は玄関に向かう。

慌ててたから、なにか箱みたい物を蹴っとばしてしまったような・・・

玄関の扉を開けてみたら、なんだ違う人。

あーーあ、お母さん遅いなー。。。

でも、そのときはまだ気が付いていなかったんだけどね・・・・

実はね、お母さんは、ずっと家にいたらしいの。

いつもより、すごく背が高かったから、気が付けなかったの。

もっと早くに・・・気が付いてあげられたら良かった。

ごめんね。。。。

解説
お母さんは、この子がお風呂に入っている間に家で首吊り自殺をしてしまっていたようだ。
慌てて蹴ってしまった箱のようなものは、おそらく踏み台ではないだろうか。
背が高いのは、天井から宙吊りにされていたためだろう。
子供がお風呂に入っているい間に、自ら命を絶つだなんて、いったい何があったというのだ・・・・