意味がわかると怖い話 彼女からの電話の真相

意味がわかると怖い話 彼女からの電話の真相

電話に出てみると、なぜだかあいつは息を切らしている。

俺が、「もしもし」と言っても返事がない。

そして、「話して。話して。」と言ってくる。

突然電話がかかってきて、「話して」と言われても、なにを話せばいいのやら。

耳を澄ましてよく来てみると、電話の向こうからは

「もっと、聞こえるように言ってやれよ。ほら、愛しの彼氏へさ。」

という、友達の笑い声まで聞こえてくる。

どういうことだ?

さては、あいつら。

俺をのいないところで二人で飲んでいるんだな。

そうか、飲み屋の周りの音がうるさくて俺の声が届いていなかったのか。

ちくしょう。

「話して」というのは、俺を呼ばずに電話越しに話させる気なのか。

今から、あいつらが飲んでいるであろう居酒屋へ乱入しようかとも思ったけど、突然電話も切れてしまったし、なによりも眠気には勝てそうにないので、俺は寝ることにした。

解説
彼女からの電話の内容は、果たして本当に「話して」だったのだろうか?
もしもこれが、「話して」ではなく「離して」だったとしたら・・・?
彼女は、「俺」の友達に襲われていることになる。
今行けばまだ間に合うかもしれないのに、「俺」は眠ってしまうのだという・・・・
救いはないのか・・・・