意味がわかると怖い話 ハムスターが姿を消す理由

意味がわかると怖い話 ハムスターが姿を消す理由

妹が、ゴールデンハムスター?(よく見てみると普通のハムスターに見える)的なラットを2匹飼っていた。

でも、あるとき突然1匹消えた。

家の中、どこを探してもいない。

家の中にいないということは、外に逃げたのかもしれない。

ハムスターのカゴは、玄関に置いていたから、人間の気が付かない隙を見つけて逃げ出したのかと思っていた。

その後、新しい子もう1匹買ってきて、買い始めた。

不思議なことに、しばらくするとまた1匹消えてしまった。

探してみると、カゴの中のプラスチックで出来たハムスターのお家の奥でじっと動かない1匹を発見。

目立たぬ位置で死んでしまっているのかと、プラスチックの家から出してみると、そのハムスターには上半身が無かった。

妹は、これを見て以来小動物を飼うのをやめた・・・

ちなみに、残った1匹は冬に死んでしまった。

解説
最初に消えたハムスターは、完全に姿を消し。
2回目に姿を消した子は、上半身だけが無くなった。
ハムスターという生き物の特徴を考えると、大体察しが付くのではなかろうか?
そう、共食いしたのだ・・・・
でも、ハムスターが共食いするのは、エサを与えられていないときである・・・・